母の干渉が尋常じゃなく俺は浪人して県外へ逃げた。1カ月ぐらいしたある日、家に帰ったら母親がドアの前で大量の荷物を持って立っていた。逃げられないから○すしかない…と思った

残り0文字です
© 2010-2016 matomeja.