気に入った喫茶店に通いたいと貧乏学生の私はその店の一番安いものを注文し続けていたら、ある日マスターに衝撃的な発言をされたのだった。。。

残り0文字です
© 2010-2016 matomeja.